猫 vs 息子。

今日も、息子はメソメソ泣いて帰ってくる。

理由は、猫に嫌われているから (ーー;)

今日は、午後から出かける用事があって、息子は私の実家に、お預け♪

私の実家には、息子より、1つ年上の猫がいる。

 

名前は、「マナ」 女の子♪

真っ白い体に、綺麗なブルーの瞳♪

瞳の色が、「アクアマリン」のカラーだったから、「アクア」って付けたかったけど、いつの間にか「マナ」になってた・・・

 

私の実家は、猫に縁がある。

その前に飼って猫の名前は「まり」

女の子みたいな名前だけど、男の子♪

赤っぽい茶毛の入った、超美青年 (*ノωノ)

とにかく顔立ちが、素晴らしい (*ノωノ)

くりっくりの優しい目に、鼻筋が通った、彫刻みたいな顔立ち (*ノωノ)

親バカじゃないよー、いろんな人が惚れ惚れしてた位だもーん (*ノωノ)

 

そんな、まりは、川に捨てられてた。

私が、友達と学校から帰る途中、不思議な鳴き声が (?_?)

すると、友達が、橋から下をのぞき込んで見ると、小っちゃい生き物が見えた。

最初は、「ネズミ?」って思ったけど、あんまり必死に鳴いてるから、近づいて見た。

その、小っちゃい生き物は、今にも流されそう。

気付いたら、靴も靴下も脱いで、川に入ってた (;´・ω・)

もう、無我夢中!

早く助けないと流されちゃうー Σ(゚Д゚)

必死に助けた生き物は、猫だった。。

まだ、へその緒もついてて、目も開いてない生まれたて。。

そんな状態で、川の草に必死に、しがみ付いてたんだ (´;ω;`)ウゥゥ

それを思うと可哀想で、家に連れて行って暖めた。

ダメかな・・・と諦めながらも猫用の哺乳瓶とミルクで必死に育てた。

母は、完全に母親状態。

 

奇跡的に、生きる事が出来た時は、ホント感動だったな ヾ(*´∀`*)ノ

ただね、、完全に人間の育てられたから、猫じゃなかった ( 一一)

一応、「にゃー」なんだけど、イントネーションが、日本語 ( 一一)

まりーって呼ぶと、振り返って、「にゃ?」← 何?みたいな ( 一一)

 

しかも、すごい恥ずかしがり屋・・・

トイレ中に目が合ったりすると、すっごく恥ずかしそうに逃げてく・・・

いやいや、そんなに照れるようなもんじゃないから (゚д゚)!

トイレが恥ずかしいなんて感情、どこで覚えたの? (゚д゚)!

キミ、一応、猫だし、、男の子だし、、

そんな、年頃の女の子みたいな反応されても、こっちが困るよ (゚д゚)!

とにかく、おっとりしてて可愛らしかった (*ノωノ)

その顔立ちから、女の子と勘違いして「まり」って名付けた。

母は、もう溺愛。

小っちゃい頃は、おんぶ紐でおんぶして育ててた (ーー;)

それはいいんだけどね、おんぶ紐から、しっぽが出てるんだよね (ーー;)

最終的には、糖尿病で天国に旅立ったんだけど、、

その、15年間、母が抱っこをしない日は、1日もなかった。

今も、我が家でも、実家でも写真を置いて、毎日、ごはんとお水をあげてる。

ウチに来て良かったなーって、幸せだったなーって、思っててくれたら嬉しいな♪

 

でも、さすがに辛くて、もう二度と動物は、飼いたくない。

家族全員で、そう決めてた。

ところが、ところが、これも運命なのか、また猫を飼う事に Σ(´∀`;)

 

冬、雪の降る中、近くの神社に、子猫が捨てられてた。

何日間か、鳴いてさまよってた・・・

その声を聞くのが辛くて、耳をふさいでた・・・

ホント辛かった、、ごめんねって気持ちで一杯・・・

 

と、あれー Σ( ̄□ ̄|||) なんか、玄関の中にいるしー

なんでー? Σ( ̄□ ̄|||)

仕事帰りの弟が、ドアを開けて家に入る一瞬のうちに入って来たみたいで。。

すごく、びっちり、家が立ち並んでるのに、何故にウチに?

さすがに、追い出すのは可哀想で、そのまま世話をする事に。

だって、まだ生後2か月くらい?

小さくて、何日も食べてないから、ガリガリに痩せこけてて。。

こんな姿を見ちゃったら、追い出せないよー Σ( ̄□ ̄|||)

 

それが「マナ」

前に飼ってた「まり」と名前が似てて、間違いやすい (ーー;)

しかも、後で分かった事だけど、耳が聞こえない。

そのせいか、鳴き声が変。

性格も、強気。

コーヒーの瓶に、カリカリのご飯を入れてて、決まった時間にあげる。

袋のままだと、噛んで破いてしまうから・・・

 

おとなしかった「まり」とは、真逆の性格。

トイレの時も、「わしの生き様、見ろやー」みたいな勢いで、見せつけてくる・・・

すいません、、別に見なくてもイイです (ーー;)

 

ごはんも、「飯、くれやー」みたいな感じで、瓶を猫パンチ (ーー;)

ごはんが、びっちり入った、ガラスのコーヒー瓶。

結構、重いはず、、それを1回のパンチで、1メートルくらい吹っ飛ばす・・・

その小さい手で、どんだけ力があるんですか? (ーー;)

 

同じ猫でも、ほんと真逆。

個性っていうか、性格っていうか、ホント面白い (´▽`*)

 

そして、そんな彼女に唯一、嫌われる息子 (;´・ω・)

私も、旦那さんも嫌われないのに、なんで? (;´・ω・)

そもそも、息子が産まれる前からいて、ちょくちょく行ってる。

息子が、赤ちゃんと時から、一緒。。

姉弟みたいな関係のハズなのに、嫌われてるって (;´・ω・)

 

「マナ」だけじゃなく、他の猫にも嫌われる息子・・・

観光名所の神社とか、人懐っこい猫が沢山いる所に行っても、息子は逃げられる・・・

私と、旦那さんには、来てくれる (;´・ω・)

さすがに、息子も泣き出す・・・

動物に乱暴する様な子では無いんだけどな (;´・ω・)

息子 「猫から好かれたい」と、切実。。。

ここまで、嫌われると、なんだか可哀想な感じがしてくる。

 

だって、実家いった時、息子だけ「ウー」って威嚇されてる Σ( ̄□ ̄|||)

特別、近づいてってる訳じゃないのに何故? Σ( ̄□ ̄|||)

一体、この2人の間に何があったんだー Σ( ̄□ ̄|||)

 

猫は、気ままな性格。

好きな時に寝て、好きな時に遊んで。

気が向いた時だけ、寄ってくる。

まるで、息子の性格そのもの・・・

これって、もしかして・・・同族嫌悪っていうヤツ? Σ( ̄□ ̄|||)