「二十四の瞳」目薬にて。

毎日、夜9時頃になると、鳴り響く息子の泣き声 ((+_+))

原因は、目薬。

先週に、眼科から処方されたもの。

薬の説明書を見ると、

「眼の調節機能に作用して瞳孔を開く薬です。」と書いてある。

 

 

眼科の先生の話しによると、まだ子供の目って、ムラがあって、薬とかを使いながら、観察をしていくそう。。

私が、子供の頃は、そんなのなかった。

目が悪かったら、即、メガネって感じだった (ーー;)

今の医学って凄いなぁ、目薬とかで、ある程度わかるんだぁ・・・

 

でも、やっぱり、普通の目薬とは違うみたい。

息子が言うには、痛いし、まぶしいらしい。。。

そりゃ、そうだよね、瞳孔を開く薬なんだから (ーー;)

で、寝る前に、点眼するのが1番良いとのこと。

 

できれば、目薬で、視力を回復してもらいたい。。

そんな思いで、必死に目薬をさそうとする旦那さん。。

でも、最終的には、大騒ぎ・・・

逃げまくる息子・・・

無我夢中で追いかける旦那さん・・・

 

私からすれば、目薬なんて、子供の頃から、当たり前の様にさしてたから、2人の苦労が分からない (ーー;)

すごい、ドライアイだったから、目薬を使わない方が苦痛 (ーー;)

今でも、乾燥の激しい時期には、花王の「蒸気でアイマスク」が欠かせない。。

 

そんな息子が、私の所に泣きながら、逃げてきた Σ(・ω・ノ)ノ!

目薬程度で、そこまで泣けるアンタは、スゴイよ (;´・ω・)

私なんか、変に人に弱みを見せたくない性格な分、幼稚園の頃の予防接種ですら、平気な顔してた (;´・ω・)

可愛げのない子供だったんだな (ーー;)

 

昨年の秋頃に、私と一緒に受けた、インフルエンザの予防接種でも凄かった。

注射を前にした息子・・・

「痛くない、痛くない、痛くない、痛くない」 ← 必死に叫ぶ。

プスッ ← 注射がさされた。

「痛ーい!」  すごい大声 Σ( ̄□ ̄|||)

気持ちは分かるけど、そこまで思ってること全部、言う?

 

もう、看護婦さん達も笑うしかない・・・

負けん気の強い、旦那さんと私には、全く似てない。。

良くも悪くも、感情表現が豊か過ぎな息子・・・

一体、誰に似たんだろう (。´・ω・)?

 

そんな訳で、目薬1つでも、大苦戦。。

結局、私がさすことに (´・ω・`)

とりあえず、泣き止まないと、目薬はさせない。

 

困った私は、必死なせいか、なんか変な事を言い出した (*´Д`)

よく覚えてないけど、舞台役者みたいな話し方 (*´Д`)

微妙な、ポーズもつけてる (*´Д`)

 

「母さんはね・・、5分に1回、目薬をさしていたんだよ。」

「15分で、3回。 30分で、6回。」

「1時間で、12回。 両目、合わせると、24回。」

「そう・・・つまり、二十四の瞳!」

わざわざ、考えてた事じゃなくて、ふっと言葉が出てた。

なんか、凄くない? なんか、ダジャレっぽく、決まったよ♪ ( ̄▽ ̄)

 

すると、しーん・・・

息子も、旦那さんも止まってる Σ( ̄□ ̄|||)

なんだか、静か過ぎて、気まずい Σ( ̄□ ̄|||)

 

どうやら、2人とも、「二十四の瞳」を知らなかったらしい・・・

知らないんだから、当然、ダジャレも通用する訳ない・・・

ポーズまで決めた私・・・

この状態、どうすればいい訳? (ノД`)・゜・。