軽量級スポーツ♪「縄跳び」



夕方、息子から言われたこと (´・ω・)

「縄跳びが短くなったから、新しいの買ってって、先生から言われたよ~ (;´∀`)」

 

そーいえば、1年生の時に買ったの、そのまま使い続けてるんだもんね (゜゜)

毎年、持ち手の所で結んで、長さ調節はしてたけど、とうとう長さが足りなくなったらしい。。

中身は大して成長してないけど、体は大きくなってるんだなぁ (゜゜) とか、しみじみ思う。。

→ 頭脳レベルじゃないよ… 性格とかね…

 

最初に、学校の教材として買った時は、本当に大変だったな・・・

 

とにかく、体が小さい (ノД`)・゜・。

私の家系も、旦那さんの家系も「チビ」 (ノД`)・゜・。

どんなに頑張っても、遺伝子レベルで、大きくなれない家系・・・

 

縄跳びの「縄」の部分が、何重に結んでも、余って余って、、

結局、カットして調節するしかなかった (ノД`)・゜・。

 

そんな苦労した、縄跳びも、今では短くて不便だとか。

→ 足で中央を抑えて、両端が肩までくるのが、ベストの長さ。

 

それが今では、おへその部分までしか無くて、飛びにくいらしい (゚д゚)!

確かに、おへそまでの長さじゃ、頭にぶつかっちゃうもんね (゚д゚)!

 

 

縄跳びが、体に「ピシッ!」って、当たるのって地味に痛いよね (ーー;)

「顔面」とか、半ズボンの「素足」の部分とかさ (ーー;)

授業中だったりだと、痛いけど、涙目で耐えるしかないんだよね・・・

 

 

その後も、息子と「縄跳び」の会話になる。

私 「ところで、縄跳びって得意なの (。´・ω・)?」

「パパと、ママは得意だったんだよ♪」

 

なんせ、体が小さい。

大抵の事では、不利なコトだらけだけど、「縄跳び」に、チビは有利♪ (* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

特に、持久戦が得意だった。

全員で飛び始めて、最後の1人が、止めるまで続けるってヤツ。

使うのは、手首のスナップだけで、ビョンピョン飛んでるだけだし~♪

 

 

今、思えば、軽量級の特権だよね♪ (´▽`*)

子供だから、ピョンピョン飛ぶのなんて、楽しいだけだし♪

 

それが、体の大きい子だったら、膝に負担かかったり、息も切れやすいだろうし。

→ 大きい子が、全員そうとは限らないけどね・・・

 

あれは、気持ち良かったなぁ (-ω-;)

運動オンチで、何やってもダメな私が、唯一できるスポーツ (-ω-;)

周りの子達が、どんどん脱落していく中で、まだまだ余裕 (-ω-;)

人生で、唯一、自分が輝けた瞬間だったよ! (ノД`)・゜・。

 

他のスポーツが出来る子だったら、こんなに嬉しくはないんだろうけどね・・・

他は、ほとんどダメな私にとっては、ホント、爽快感♪ (´▽`*)

→ 体育と、音楽が、壊滅的に苦手だった・・・

 

だって、いつまでも飛び続けられるんだよ! (*ノωノ)

ホント! フワフワ浮いてる気分! (*ノωノ)

周りから、「まだ飛んでる、スゲー!」とか、聞こえると嬉しくってね (*ノωノ)

 

旦那さんも、得意だったらしい。

「逆に、最後の1人になると、目立つんだよね~♪ (´・ω・`)」って。

 

息子も、得意かどうかは、別として、

「ピョンピョン飛んで、縄ふるだけでしょ♪」

「まぁ! ラクかなぁ~♪ ( ̄▽ ̄)」って、楽しそうだし。

 

あれから、数十年経過・・・

痩せてた、私も旦那さんも、必要以上に大きく成長してしまった・・・

 

今、「縄跳び」の耐久戦なんてしたら、とんでもない事になりそう (一一”)

『過去の栄光』だけを、思い出して満足しておこうっと。。




ランキング参加しています
ポチッとお願いします

子供