「源氏パイ」VS「平家パイ」 (・・?

買い物の時に、突然、ふと目に入ったもの、、

↑ ↑

これ、「平家パイ」・・・

「源氏パイ」の隣りに、デーンって並んでる! Σ( ̄□ ̄|||)

 

最初は、「パクリ (。´・ω・)?」 とも思ったけど、パッケージの裏を見ると同じ会社名。

 

いつの間に、出来たんだろ、、? (゜゜)

そもそも、なんで「源氏」パイなんだろうって、ずーっと疑問だった。

 

よく、「源氏名」とか聞くよね?

仮の名前って、意味で。

「源氏パイ」も、本当は違う商品だったけど、名前を変えて販売された、、とか (。´・ω・)?

そーんな風に、勝手に解釈してた。

 

旦那さんにも、聞いてみたけど、

「『源氏』はあるのに、なんで『平家』は無いんだろ? って、子供の頃から思ってたよ (´・ω・`)」って。

 

なるほどねー (-ω-;)ウーン

「源氏」と「平氏」って発想はなかったなぁ・・・

 

私なんて「源氏名?」とかばっかり、考えてたしねー ( ̄▽ ̄;)

我ながら、イヤな子供だなー ( ̄▽ ̄;)

 

他にも、旦那さん

「『源氏パイ』と『うなぎパイ』って、何が違うの? (´・ω・`)」

とか、段々と話が大きくなっていく。

 

とりあえず、「源氏パイ」の名前の由来を調べてみた♪

 

ウィキペディアで、調べてみたら、

「名前の由来」

商品名には和風の名前を付けたいと考えていたところ、発売翌年のNHK大河ドラマが、「源義経」に決まったことを知り、そこから「源氏パイ」と名付けた。

 

それだけ? Σ( ̄□ ̄|||)

ノリ、軽っ! Σ( ̄□ ̄|||)

 

和風にしたいしー、大河が「源氏モノ」だしー♪

「源氏パイ」にしちゃお♪ みたいなノリ? Σ( ̄□ ̄|||)

 

日本中の大半の人が、「どうして『源氏パイ』なんだろ?」

って絶対、考えたことあるハズだぞ! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

そして、『平家パイ』

これも、2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」に、ちなんだ名前・・・

しかも、「レーズンパイ」を、改名したものらしい・・・

 

そーいえば、レーズンパイなんて、あったな… (ーー;)

「どこかで見たよーな?」とは、思ったけど… (ーー;)

 

でも、一応、意味はあるみたい♪

お菓子の形を、

「源氏の放った矢を受ける、平らな盾」に、見立てているとのこと。

 

チョット無理は感じるけどね ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

言われてみれば、そう見えなくもないかなー ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

こーんな感じで、なんとなーく意味とか由来は分かった♪

 

そして、もう1つ!

旦那さんが、気になってた「うなぎパイ」

 

せっかくだから、調べてみよーっと♪ (* ̄▽ ̄)

 

そしたら、こっちの方がスゴかった・・・

 

「うなぎパイは、静岡県浜松市の名産品として、広く知られている。」

「ウナギのエキスを、パイ生地に練りこんで焼き、最後に蒲焼のようにたれを塗って仕上げたもの。」

「浜松 = 浜名湖の近く = ウナギの産地 という連想からウナギを使った。」

 

由来「地名」も、しっかりしてるし、

使われている材料「産地のウナギ」ってのも、分かりやすいし、

「蒲焼のようにたれを塗って仕上げる」って、作り方まで徹底してる。

 

完璧じゃん (ノД`)・゜・。

一見、同じ様に見えるお菓子でも、全然違うよ (ノД`)・゜・。

グッジョブ! 浜松! (ノД`)・゜・。

 

ただね。。

キャッチフレーズがね。。

「夜のお菓子」… ( 一一)

 

出張や旅行のお土産として、家庭に帰ったその夜に、

「一家だんらんの、ひと時を『うなぎパイ』で過ごしてほしい」

との願いを込めて、当時の社長が考案したものらしい。

 

 

忙しい社長さんが、一生懸命に考えた「キャッチフレーズ」だったんだね ( ノД`)シクシク…

でも、「夜のお菓子」って、ストレート過ぎるよ ( ノД`)シクシク…

 

当時の社長さんは、すごい天然な人だったのか・・・

それとも、すんごくピュアな人だったのか・・・

残念な事に、巷では全く違うイメージになってしまってるよ・・・

 

私的には、結構イケてるキャッチフレーズだとは思うけどねー♪ (´艸`*)

 

ポチっと、お願い致します!
👇   👇   👇

👆   👆   👆







☆彡 サクサク美味しい♪ ☆彡

三立 C平家パイ 6マイ×20個 (10×2B)
by カエレバ

 

春華堂 うなぎパイ12枚入り ギフト バレンタインデー ホワイトデー 手土産に最適
by カエレバ