闇鍋・・・

今日も、私の適当クッキングがさく裂する・・・

 

段取りとか、材料を考えるのが苦手なんだよねー ( ̄▽ ̄;)

最終的に、栄養になってくれればいいワケだしー ( ̄▽ ̄;)

私の口癖は、「腹に入れば、みな同じ♪」だしー ( ̄▽ ̄;)

 

 

今日の天気は、どんより暗い。

昨日は、雨も降って風も冷たいし。

 

なーんとなく、温かいモノが食べたいな~♪ (´▽`*)

って、冷凍庫を探す。

→ 自分で買っておいて、忘れてるパターンが多い…

 

そこで出てきのが「鶏のハツ」2パック♪

あの、丸っこいの♪

煮込むと、美味しいんだよね~♪ (´▽`*)

子供の頃からの、大好物♪ (´▽`*)

 

安売りしてると、ついつい買ってしまう。

普段は、「玉ねぎ」とか「白菜」とかと、あっさり煮込む。

 

てゆーか、今日もそのつもりだったんだよ・・・

最終形態が、あんな風になるなんて、想像もしてなかったよ・・・

 

まず、いつも通り「玉ねぎ」と、煮込もうかなーっと「玉ねぎ」を見た。

そしたら、2個、アヤシクなる寸前のがあった。

→ 連休で、使う機会が減っていた…

 

小さめの「玉ねぎ2個」と、「鶏のハツ2パック」、、(ーー;)

多くもなく、少なくもなく微妙な量になってしまった、、(ーー;)

 

仕方ないから、「ニンジン」を追加してみた。

そして、ダシ入り醤油を入れた。

 

そこまでは、ある程度、計画通り? だったと思う、、

でもね、、

 

いつもより野菜が多いせいか、汁が多くなってしまった! Σ( ̄□ ̄|||)

しかーし、ダシの効いた汁を捨てるのは勿体ない! Σ( ̄□ ̄|||)

何か、汁を吸ってくれるものを探す! Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

更に、冷蔵庫を探す。

ホントは「麩」を入れたかったけど、お味噌汁で既に使っていた、、

カブるのも嫌だし、代用品で「高野豆腐」を入れてみた、、

 

「高野豆腐」って言っても、小さめサイズ。

お味噌汁用の、2センチくらいの小さいタイプ。

 

汁を吸う事もなく、ただ無意味に具材が増えた… (ーー;)

「何やってんの? 自分…?」

さすがに、ヤバさを感じてきた… (ーー;)

 

 

汁を捨てれば、煮物になるんだよ (ノД`)・゜・。

でも、メッチャ味が良くって、栄養たっぷりの汁だよ (ノД`)・゜・。

これを捨てるなんて、罰当たりだよー (ノД`)・゜・。

 

↑ ↑

この発想が為に、素晴らしいオリジナル料理が絶えない…

仕方ないじゃん… ( 一一)

捨てられないんだよ… ( 一一)

 

鍋を見ると、

モツ、玉ねぎ(← 丸ごとじゃないよ… ちゃんと切ってるよ)、

ニンジン、高野豆腐が、黒い汁の中に浮いてる状態! Σ(゚д゚lll)ガーン

 

全ての具材が、小さい! Σ(゚д゚lll)ガーン

それが、黒っぽい汁に、均等に入ってるー! Σ(゚д゚lll)ガーン

 

もう、これは煮物じゃないね♪ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

鍋だよ! 具材たっぷりの温かい鍋だよ♪ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

にしても、黒い。。

「鶏のハツ」って、煮汁が黒っぽくなるんだよね。。

 

これ、何とかならないかなぁ、、(-ω-;)ウーン

更に、冷蔵庫を見る…

→ この行動、何回目だろう、、?

 

そして、目に入ったのが「卵」

これまた、賞味期限ギリギリなのが4個あった。

新しいパックのも買ってあるしー、これは使った方がイイよね♪ (´▽`*)

 

鍋に4個の「卵」を落し、グツグツ煮込んでいく・・・

そして、出来上がった頃、蓋を開ける…

ある程度、想定内だったけど、すごいモノが出来た…

 

どんよりと濁った黒っぽい汁に、謎の小さい具材と「卵」が4個、、(*_ _)

しかも、卵の白身部分が、アメーバ状に広がってる、、(*_ _)

また、芸術作品を生み出しちまったよ・・・

 

本来なら、ここにその画像をUPするのが、ブログなんだろうけどさ。。

さすがの私も「恥ずかしい」って感情ぐらいはあるんだよ。。

 

そこに、現れた旦那さん

「いい匂いだねー♪」って蓋を開ける。

そして、

「黒いねー (・・;)」と、つぶやく。

 

分かってるよ! ( ノД`)シクシク…

誰よりも、分かってるよ! ( ノД`)シクシク…

 

そして、答える、

「闇鍋だよ・・・ (ΦωΦ)フフフ…」

→ なんか認めたくない、、

 

そのまま、鍋ごとテーブルに持って行ってご飯。

 

勿論、味はいいんだよー (゚Д゚;)

見た目以外は、問題ないんだよー (゚Д゚;)

→ これで、味も悪かったら最悪だけど、、

 

でも、見た感じは完全に「闇鍋」

 

でも、「闇鍋」ってもっとダークなイメージだよね、、

どんなモノか、一応調べてみた、、

 

内容は、

【「闇鍋」とは、不明な材料を複数人で持ちより、暗中で調理して食べる鍋料理。】

暗中で調理って…

肝試しみたいなモン (・・?

 

しかも、

【食事を目的とした料理というよりは遊び、イベントとしての色彩が濃い。】

とも、書かれてある。

 

私は、明るいキッチンで作ってるもん (ノД`)・゜・。

遊びでも、イベントでもなく大真面目だもん (ノД`)・゜・。

中身の、1つ1つは普通の食べ物だもん (ノД`)・゜・。

 

そんな状態でも、「闇鍋」もどきが作れてしまう私って・・・

 

ある意味 ← 悪い意味だよ、、

一種の才能なんじゃない? ( ̄▽ ̄;)

今まで誰もお腹壊してないし、スゲーな自分♪ ( ̄▽ ̄;)

 
ポチっと、お願い致します!
👇   👇   👇

👆   👆   👆
 




 

BRUNO ブルーノ コンパクトホットプレート 深鍋+レシピブックセット / ホワイト レッド ブラウン ペールピンク ネイビー
by カエレバ

 



 
GSW JAPAN
 
Sow Experience