心の「叫び」ー! Σ( ̄□ ̄|||)

すぐパニくる性格で、よく叫んでる私だけど、、

今日は、「心の中で叫んだ」日だった、、(ーー;)

 

全然、関係ないけどイメージ的には、こんな感じー ( ̄▽ ̄;)

有名な、ムンクの「叫び」…

 

 

でも、実はこれって「叫んで」は、いないんだってね、、 (・・;)

耳を「塞いだ」絵なんだってね、、(・・;)

→ 絵を探すついでに調べて、ついさっき知った・・・

 

 

私の今日の「叫び」は、地区の寄附金の集金。

先週書いた、「手書きって、難しいね。。」の、ブログの続き的な (・・?

 

とりあえず、ウチの近く(ご近所さん)だけ周ってみた。

遠くの方は、迷子になってしまうから旦那さんに頼んである。

 

学校の創立記念の、祝賀会の寄附金…

1家庭、千円の寄付…

 

 

正直なところ、「誰も出さないよねー!」

寄附だし、強制的なモンじゃないしー♪ ( ̄▽ ̄;)」

 

なーんて思いながら、ご近所を数件を周ったら、

なんと、全家庭が準備してくれてた! Σ(゚Д゚)

 

正直、これにはビックリ・・・

小学校のお子さんがいる家庭ならともかく、それ以外でも・・・

 

心の中で驚きながらも、

「なになにー? もしかして私の人徳でー! (* ̄▽ ̄)フフフッ♪」

なーんて、都合よく解釈してたけど。

→ 絶対に、有り得ない。。

 

実際に、話してみると、

ほとんどが、「払わなくてはいけない」と、思い込んでいたらしい・・・

 

 

でもさー、寄附金って集めにくいんだよ (ノД`)・゜・。

これが、毎月決まってる「町内会費」ならいいんだよ (ノД`)・゜・。

 

寄附金って、あくまで「寄附」

払わないと、「ケチ」とか「非協力的」とか、思われそうなんだよね、、

 

 

そこを踏まえた上で、みんなが準備してくれてるのが分かる。

「渡す」側も、「受け取る」側も、キッツイんだよ、、

 

まだ、小学校のお子さんがいる人は、軽い気持ちで渡してくれるから受け取りやすい。。

 

でも、お子さんのいない家庭! Σ( ̄□ ̄|||)

お子さんが小学校を卒業して、既に接点がない家庭! Σ( ̄□ ̄|||)

年配の方だけの家庭! Σ( ̄□ ̄|||)

 

これは、受け取りにくい。。

 

なんだか、申し訳なくて、

「強制じゃないですからー! ( ノД`)シクシク…」

「ホントに無理しなくていいですからー! ( ノД`)シクシク…」

と、1件1件、言っていく。

 

 

そこで問題なのが、悩み始める人・・・

本音では、「寄附には興味ないし、やめよっかなー、、」

って、雰囲気になる。

 

私としても、

「無理強いしたくない、でも立場的には少しでも多く集めなきゃいけない、、」

 

双方、色んな思惑が飛び交って悩む。。

ご近所さん

「どうしたら、いいんですかね、、?」

「寄附だし、祝賀会の為ですしね、、(ーー;)」

「正直、私もこういう場合、どーしたらいいか分からないんですよ。。」

 

みたいな会話になる。

 

もう、みんなが払う気で、千円札を持ってるよ! (;゚Д゚)

集金側としては、出来れば頂きたい! (;゚Д゚)

でも、出来ればイヤだな、、って気持ちも分かる! (;゚Д゚)

 

長い長い、悩みの末、

→ 実際は数分… でも、すごーく長く感じる…

 

悩んでいる人は、大体その手を引っ込める! (ノД`)・゜・。

「無理しないでー」と、言ったのも自分だし、

「強制的に、貰いたくない」ってのも、本心。。

 

 

でも、役員としての立場上、ある程度の金額を集めないといけない!

ボランティアみたいなモンなのに! Σ(゚д゚lll)ガーン

自分が貰うワケでも無いのに! Σ(゚д゚lll)ガーン

 

渡されても、申し訳ない気分、、

→ 取り立て屋みたいな気分になる。

 

 

払うつもりの人が、途中でやめても微妙な気分、、

↑ ↑

心の中で、「あー! せっかく用意してたの、引っ込めちゃうのー?」

って、「ムンクの叫び」状態になる…

 

ご近所さんだから、尚のこと難しい、、

私も「ムンクの叫び」だったけど。。

 

きっと、悩んでる間の相手も、「ムンクの叫び」だったと思う、、( 一一)

もうね、苦悩してるのが表情に出てるんだよね、、

 

もう、今日は目一杯、叫び続けた日だったよ。。

上の絵を見るたびに、その時の自分の顔を思い出すよ。。

ポチっと、お願い致します!
👇   👇   👇

👆   👆   👆



★ メルカリで欲しい物が見つかる♪ ☆彡

◆ 人気の格安スマホ ◆

■ Amazonはコチラから ■




日記