営業職に大切なこと(2)

2019-01-16

昨日は、店頭販売のついて書いたワケだけど、

やっぱり、営業の世界はキビシイよね、、(ーー;)

 

そういう私も、営業職の経験者。

短大を出て、最初の職業は「銀行」だった。

 

文系の学科を卒業しながら、バリバリ数字だけの職業。

適当に選んでたんだろうなぁ、、

 

〇 家から近いから。

〇 休みもしっかりあって、ハードワークじゃなさそう。

 

みたいなねぇ ( ̄▽ ̄;)

こういう社会をなめたアホは、痛い目をみますよぉ ( ̄▽ ̄;)

 

結果、3年で辞めた・・・

仕事自体は、やり甲斐もあったんだよ・・・

 

でも、ノルマ! ノルマ! ノルマ! の世界。

綺麗な世界だと思ったら、大間違い!

 

取引先の、お偉い方々の接待。

通常勤務が終わった後の、外回り営業。

遠方の方の集金は、休日に行ったり。

 

特に、上司が変わるとね、、

→ 銀行は、支店間の移動が多い。

 

ノルマを、棒グラフに書いたりする人までいてね、、(ーー;)

いやー、怖いっすよ… 棒グラフですよ…

あれは、精神的に効きますねぇ…

 

 

と、この話を書くキッカケは、車の買い替え。

今日、息子と旦那さんは商談に行った。

 

もう、この1週間はディーラーさんを周りに周った。

ディーラーさんだって、必死!

毎日の様に、どこからか電話がくる。

 

私としては、車にそこまでのこだわりは無いんだよね、、( ̄▽ ̄;)

 

そこそこのお値段で、(←高い車なんて買えない)

新車 (←長く乗れなきゃ意味がない)

私からの条件は、これだけ~

 

この条件さえクリアしてくれれば、何でもヨシ♪

後は、旦那さんにお任せ~♪

 

ここで、メーカー名を出すのも何だしね、、(゜゜)

一応、候補は A社 と B社

 

旦那さんの第一候補は、A社の車

でも、電話が来る来る! すっごく来る!

 

気持ちは分かるよ・・・

 

でも、営業時間外の電話とか、、

「何時ごろに来店できますか?」

「明日まで初売りセールなので、是非!」

こういうのが続くと、ちょっと疲れる、、(ーー;)

 

今日も行こうと思った途端に、A社からの電話がきた。

旦那さん

「今から、行く所でした、、(;´∀`)」

 

本来なら、行く気が無くなるパターン…

でも第一候補の車だったし、旦那さんと息子は行った。

 

案の定、ゴタゴタの展開だったらしい・・・

 

コピーを取りに行くだけでも、時間がかかり、

話しの途中でも、あっちに行ったりこっちに行ったり。

 

見積もりの話しでは、何度も何度も上司に聞きに行く。

 

他社の見積もりを出せば、

「これは内緒で、親族割引です。。」

みたいな、「必殺!奥の手です!」商法に出る。

 

途中、旦那さんから電話がきたけど疲れた声。

とにかく無駄、すっごく無駄が多い。

 

後で旦那さんに聞いた話だと、A社の営業の方は、

そうとう追い詰められた顔をしていたらしい。

 

気になってた車だったけど、旦那さんはやめた…

これからも、定期検査やら車検がある度に行くのが嫌だったから…

 

 

そして、そのまま B社に行く。

こちらの担当は、キャリアウーマン的な仕事ができる人。

 

結果的に言うと、全く無駄がない。

最初に行った時に、最大限に頑張り、

→ Max値引きと、オプションサービス等。

 

どこの会社だって、必死なのは一緒。

 

でも、色んなメーカーを周った中で、

そのB社の方だけが、電話等の勧誘は一切なし。

 

簡単にまとめちゃうと、

最初に、出来る限りの内容を提示!

それでも来ない場合は、見込みがないと諦める!

深追いしても、嫌われたりとメリットが無い!

 

すっごく合理的なんだよねぇ、、(゜゜)

チマチマと、値引きだのサービスだのを小出しに出されてもね・・・

時間の無駄としか言いようがない。

 

その方は役職にもついてるけど、同じ目線で考えてくれるし。

何より、仕事もハードなのに冷静を保つって凄い事だよ。

 

事務として入社しながら、営業もこなし、

総務・経理の仕事もしてるって言ってた。

 

「大変ですよ~!」と、

ため息をつきながらも、現実逃避はしてないんだよね。

 

中堅のおっちゃんとか、言いそうじゃない? (ーー;)

「こんなハズじゃなかった!」

「なんで、こんな事までしなきゃいけないんだ!」

 

 

マイナス思考を捨てて、地に足を着けてるって感じ (・・?

大変だけど、楽しんじゃえー♪ みたいな。

 

車の説明も、楽しそうにしてたなぁ (*´▽`*)

「次は何に乗ろっかなー♪」とかね。

 

勿論、今回のパターンは営業スキルは必要だと思う。

男性が多い職業の中、女性がそこまで登るのは並大抵の苦労じゃない。

 

でも、やっぱりどこか楽しんでるオーラがある♪

そして、無駄がない。

 

そんな人間性に惹かれて、B社に決定♪

旦那さん好みの、特別仕様車? みたいなのも選んでくれたり♪

 

偶然にも2日間、見てきて思った事。

 

1、自分の仕事(扱ってる商品)が、どれだけ好きか?

→ 好きだから、どんどん情報が頭に入って知識が増える。

 

2、きちっと、自分の意見が言えるか?

「自分なら、~が良いと思います」的な。

→ こういう人は、お客さんの気持ちも考えられる。

 

逆を言えば・・・

売る事しか考えられない

→ 相手の都合や気持ちなんて、どうでもいい…

 

自分の意見が出せない。

→ 人に聞いてばかりの人間に、的確なアドバイスが出来るとは思えない…

 

 

と思うワケだよ ( ̄▽ ̄;)

私がどうこう言える立場じゃないけどね~

だって、楽しそうな人から買いたいって思うのが自然じゃない?

 

そういう人は、どこか心に余裕があるからかなぁ、、?

時間の使い方も、上手だと思うんだよね♪

 

結果的には、「どれだけ楽しんでいるか」じゃない?

営業の上手い人すべてが、会話テクを持ってる訳じゃないし。

→ 稀にいるカリスマ的な人は別格として。

 

色々と勝手な事ばっかり書いちゃったけど、

営業って、大変な仕事ってのは本当に分かる。

 

でも、共通してる事は「楽しんでる!」

もう、この一言に尽きる! (・∀・)ウン!!

 

ポチっと、お願い致します!


 

◆図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!◆

 

 
◆人生を変える電話対応術。引き寄せの法則と心理学で全ての電話がチャンスになる。◆

 

 

 

多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル [ 堀江貴文 ]

 

 

◆なぜ、あなたのテレアポ&電話営業はすぐに切られてしまうのか?◆

 

 

 
㊙みんなの優待-130万件以上の割引クーポン使い放題!割引優待サービス
 

 

 
うる藍バリア
 

経済

Posted by ミユ