サル・カメ 合戦 !Σ(゚Д゚)








我が家のカメ(ミドリガメ)は、30才を超えた、長寿ガメ♪ (´▽`*)

ちっちゃい頃は、3cmだった体も、今では大きくなって、甲羅だけでも20cmくらいある。

正式な名前は「ミシシッピ アカミミガメ」

名前からして、もともとは、ミシシッピ川にいた種類なのかな (。´・ω・)?

 

小さい時は、鮮やかグリーンだった体も、既に、緑色じゃない。

「アカミミ」って言われる顔のサイドの、赤い模様も、残ってないし。

 

家に来た人から、たまに聞かれる・・・

「これ、なにガメ?」って、、 (ーー;)

 

そうなんだよねぇ、、

見た目だけじゃ、「ミドリガメ」でも「アカミミガメ」でもないんだよねぇ、、

 

そりゃあ、30年以上も生きていたら、変わるさ! (;゚Д゚)

人間だって、赤ちゃんが30年以上経てば、オッサンになるじゃん! (;゚Д゚)

 

問題は、中身だよ中身♪ (* ̄▽ ̄)

ウチの、ラブリーな、「ポン子さん」 ← あだ名。

は、ホントに純粋! ピュアな天使だよ♪ (* ̄▽ ̄)

 

本当の名前は、レオン。

レオン  レポン  レポン・ド・フランソワ  ポン子さん・・・

何故か、色々と呼び方が変わっていって、最終的に「ポン子さん」・・・

 

「レオン」→ 「レポン」は、まだイイとして、

なんで、「レポン・ド・フランソワ」→ 「ポン子さん」になったんだろう? (ーー;)

フランスっぽい名前が、急に、ベタ過ぎる日本名になった… (ーー;)

 

そーいえば、いつから「ポン子さん」になったのかも覚えてない。

ポン子さん自身も、色々呼ばれて、分からなくなってるだろうな。

 

しかも、男の子(オス)なんだよねぇ ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

まぁ、愛嬌があって、可愛らしいじゃないか ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

ホントに、愛嬌があって可愛いんだよ! (*ノωノ)

癒しパワーが、すっごいの! (*ノωノ)

私が、妊婦の時なんて、枕に登って来て、癒してくれて (/ω\)

旦那さんが、仕事から帰ってくれば、あぐらに、よっこらと登る (/ω\)

 

息子が産まれてからは、2階の使ってない部屋で、昼寝してもらってた。

万が一にも、ケガさせるワケには、いかないし。

小さいブランケットを置いておくと、自分で潜ってお昼寝♪

 

そして、今日、いつも通り、夕方に迎えに行く。

→ 夜は、水槽で過ごすから♪

 

すると、どうしても「抱っこ」したい息子が付いて来た (´・ω・)

今までは、危なっかしいから、少し触らせる程度だったけど、さすがにもう大丈夫だろうな (´・ω・)

 

リビングまで連れてきてから、息子に渡す。

息子は、「ポン子さん」を膝の上に乗せて、幸せそー (´▽`*)

「ポン子さん」も、足の上が温かくて気持ちイイから、ほんわかムード (´▽`*)

 

こういうのって、大切だよね♪ (*´ω`*)

って思ってたけど、よーく見ると、「ポン子さん」、、

 

水槽の方を、ジーッ(ΦωΦ)っと、見てる・・・

 

もしかして、大人な「ポン子さん」、、

息子に、合わせてくれている! Σ( ̄□ ̄|||)

 

幸せそーにしてる息子とは、対照的に、斜め向こうを見てる! Σ( ̄□ ̄|||)

息子は、子守をしてる気分だろうけど、立場が反対・・・

 

ポン子さんの背中からは、

「まだ、子供だしな… 付き合ってやるか…」みたいなオーラが Σ( ̄□ ̄|||)

 

カメは、本当に賢い生き物。

知らない人が居る時は、息をひそめて出てこない。

で、家族の声が聞こえると、「ヤッホー♪」みたいに出てくる。

 

長く生きてる分、ある程度、人の言葉も理解してる様に感じる。。

 

それから、少し経って、息子は「ポン子さん」を水槽に入れる。

息子は、満足気みたいだけど、

ポン子さん、明らかに「プイッ」て、どっか見てるし (ーー;)

 

息子が、左に顔を動かせば、ポン子さんは、右に顔を向ける。

今度は、息子が右に動けば、ポン子さんは、左に顔を向ける。

 

これは、何かの遊びなの、、? (ノД`)・゜・。

それとも、シカト、、? (ノД`)・゜・。

 

この2人の関係性が、分からない (ノД`)・゜・。

仲が悪いワケじゃないけど、上下関係とかあんの? (ノД`)・゜・。

 

単なる偶然かも知れないけど、すごい光景を見てしまった。。

サルと、カメの、関係図みたいな。。

遠くから見てると、「サル・カメ 合戦」だよ。。

ランキング参加しています
ポチッとお願いします


日々の出来事ランキング




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【キョーリン】乾燥 川エビ 徳用35g
価格:390円(税込、送料別) (2017/11/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カメのぬいぐるみ 65cm
価格:5281円(税込、送料別) (2017/11/2時点)

「ペット供養祭」と動物たち。





今日は、毎年恒例の「ペット供養祭」

愛犬、ゲンさん ← あだ名・・・

の、3回目の供養祭。

 

ウチでは、ペットに「あだ名」ってゆーか、愛称をつけて呼ぶ習慣がある (/・ω・)/

ミドリガメの「レオン」 → レポン → ポン子さん、、みたいな・・・

そして、愛称がメインになってしまって、本当の名前を忘れてしまいそうになる… (ーー;)

 

ゲンさんの、供養祭も、最初の年は辛かったけど、

→ 人間と同じで、介護生活も長かったし、お互いの信頼関係も厚かったと思う。

3年以上、経った今では、明るい思い出になっている (´▽`*)

 

とにかく、人懐こくって、番犬になんか無理♪ (´・ω・)

雪山に、ハマって抜けなくなってるし♪ (´・ω・)

 

とにかく、寝るの大好き…

目の前を誰が歩こうが、起きないし、車を停めようとしても起きないから、

「危ないから起きてー (;゚Д゚)」って起こして、移動させてから駐車してた。

 

 

レトリバーの、ミックスの、優しい性格で、ご近所さんからも可愛がられて♪

いろんな人から、声をかけてもらえる人気者♪

ポン子さん(ミドリガメ)も、そうだし、ウチの子は、みんな可愛い (´▽`)

↑ ↑

親バカ? と言われよーが、可愛いもんは、可愛い (ノД`)・゜・。

 

そんな、ゲンさんの、供養祭。

大好きだった「ジャーキー」を持って行った。

 

毎年、思うんだけど・・・ その墓地。

供養祭には、仏教のお坊さんが来て、お経を唱えるのに、墓地は、キリスト教会の、すぐ近くで、駐車場は、そこを借りてる (ーー;)

不思議な組み合わせだけど、供養には、そういうの関係ないのかな?

 

人間の法事とかだったら、絶対にあり得なそうな光景・・・

不思議な、組み合わせだけど、こういう協力関係ってスゴイなーって思う。

 

とにかく、沢山の人が来る。

お花や、お供え物も沢山。

お弁当箱に、好物だったものを丁寧に詰めて、お供えしてる人もいるし。

世の中には、動物を虐待する人も居れば、こんな風に、ずっと大切に思ってる人も一杯いるんだなーって、改めて実感。

 

一緒に暮らしてると、ホントに家族なんだよね。

トバを買って、名前や日付を書いて奉納。

お坊さんの明るい話のあとに、お経、そして、お焼香。

 

 

そんな中、子供達は、ポップコーンをもらう。。

→ お祭りじゃないんだけどね~ (-ω-;)ウーン

でも、明るい雰囲気の方が、ペットの動物たちも嬉しいだろうし、これ位、ゆるーい雰囲気の方が、イイのかもね~。

 

午前中に、供養祭は終わって、そのまま、お出かけ。

思い出話をしながら、ドライブをする♪

 

でも、今日は不思議と、動物と縁がある。

 

山道をドライブ中、普段は、見かけないサルの親子が歩道近くにいる Σ(゚Д゚)

親子で、向かい合って何か、会話してそうな雰囲気 Σ(゚Д゚)

 

母 「道路は、危ないから、気をつけるのよ!」

子  「わかってるよー! 気をつけるよー!」

みたいな雰囲気・・・

 

もう少し、行くとカラスが、ボーっと歩道で、空を見てる Σ(゚Д゚)

「今日も、ポカポカして気持ちイイねぇ~、眠くなりそうだよ」

みたいな感じ・・・

 

みんな、警戒心が薄いよ… (ーー;)

ほのぼのし過ぎじゃない…? (ーー;)

 

帰りも、イタチっぽいのが、道路を横切るのを、3回くらい目撃…

いくら、田舎でも、こんなに頻繁に見るって無い…

 

不思議な、1日だったなぁ (。´・ω・)?

動物パワーみたいなのがあって、引き寄せてるのかなぁ (。´・ω・)?

 

何より驚きだったのが、昼間なのに、息子が車で寝てたこと (@ ̄□ ̄@;)!!

車が大好きで、外を見るのが大好きな息子・・・

日中に、車で寝るなんて多分、4~5年ぶり・・・

普通なら、絶対にあり得ない (@ ̄□ ̄@;)!!

 

ゲンさん・・・

隣で、くつろいで寝てくれてたんだね (ノД`)・゜・。

よく、息子の背中にくっついて、寝てたっけなぁ (ノД`)・゜・。

それに、つられて息子も寝たみたいな感じだよ (ノД`)・゜・。

 

 

おかげで、いつもは騒がしいドライブも、静かで助かったよ (´▽`)

ドライブの時は、毎回きて息子を眠らせてくれ (´▽`)

頼りにしてるぜ♪ ゲンさん♪ (´▽`)




 
ランキング参加しています
ポチッとお願いします


日々の出来事ランキング
 




 

 

 

 

 

 

 

聴覚障害の原因は「青い瞳」。。



今日は、なんとなーく、YouTubeを見た。

 

なんでか分からないけど、天気予報とか、今日の運勢とか見てるうちに、ふと見たいなーって気分で (゜゜)

 

最初は、「ジャンヌ・ダルク」とか歴史モノを見てた気がする。

そのうち、魔女とか、悪魔とか、変な方向に行き始めた (ーー;)

 

なんだろうね、アレ (。´・ω・)?

自動再生?

ほっといても、次々に関連した動画が流れてくる・・・




 

頼むから、勝手に変わらないでー (ノД`)・゜・。

ふと気づくと、明らかに怖そう(ホラー的)なのが次に、スタンバってるし (ノД`)・゜・。

絶対に、その画面に行かない様に、必死で構えなきゃいけないんだよー (ノД`)・゜・。

 

でも、怖いモノ見たさってゆーの? (ーー;)

超常現象とか? スピリチュアルなモノは見たくなる・・・

UFOとか、謎の生物とか・・・

時間もったいないって、分かってるのに見入ってしまう・・・

 

【この音楽を5分、聞いただけで第3の目(超能力?) が現れる】

みたいな動画もあって、

 

マジで、目を閉じて一生懸命、聞いちゃったよ Σ(゚Д゚)

何やってんの? 自分? Σ(゚Д゚)

すごい心地いいだけの、いい音楽だったよ Σ(゚Д゚)

おかげで、寝そうになったよ Σ(゚Д゚)

→ こういう人間は、超能力者にはなれない・・・

 

今日は、息子の帰りも早いし、買い物にも行きたいし。

さすがに、止めようとした瞬間、

すごい気になる画像が、目に入った (・・;)

 

ロシアの、すごい美人さん、、

「エルフの王女」って呼ばれてる、ナスチャ・クマロヴァさん (´▽`*)

肌も髪の毛も、透き通るような白!

ファンタジーの世界にしか存在しないような、妖精みたいな人!

 

本物の人間かー (◎_◎;) って魅入ってしまった。

でも、よく見ていくと「アルビノ」っていう、メラニンの欠乏からくる遺伝子疾患で、2万人に1人の確率くらいで現れるらしい。

アルビノ… 先天性白皮症。

 

ホント、真っ白 (◎_◎;)

まつ毛まで、真っ白 (◎_◎;)

目の色まで、パープルって (◎_◎;)

→ 色素が薄くて、血の色が透けてブルーの目が、パープルに見えるらしい。

 

でも、凄い苦労もしてそう (´Д⊂ヽ

目の色素も薄いから、視力も弱いそうだし、何より紫外線に弱い。

こんな人が、海外を飛び回って、女優業やモデル業をするなんて寿命を、削ってるようで儚く感じる。

 

それでも、自分が頑張ることで、同じ病気の人を理解してもらいたい、、とか。

外見もだけど、内面まで妖精みたいに美しいよ・・・

 

ただでさえ、白人さんの方が、皮膚ガンの発症率も高いのに (ノД`)・゜・。

 

こんなに、色素の薄い人が、通常に生活していくのって・・・

想像以上のリスクを背負ってそうだし、並大抵の努力じゃないハズ (ノД`)・゜・。

全然、知らない人だけど、なんだか心配でたまらない (ノД`)・゜・。

 

世界中で、この病気に対する差別とか迫害が多いらしく、酷い目にあってる人もいる (*_ _)

なんで、白い動物は「神の使い」とかって大切にされるのに、人間は違うんだろ?

 

白ヘビとか、白いトラとか… 大抵、大切にされてるじゃん・・・

 

黒いからって不吉って言われる、クロネコの立場は、どうなるんじゃー ヽ(`Д´)ノ

ここまで、矛盾してくると、なんだか腹が立つ ヽ(`Д´)ノ

 

人間だって、黒人さんへの差別、まだあるよね (ーー;)

白過ぎてもダメ! 黒過ぎてもダメ!

もっと、みんな仲良くいこうよ・・・

 

そんな気持ちで、画像を見てた。

すると、今度は「オッドアイ」の特集だった。

オッドアイ → 「虹彩異色症」って症状らしい。

左右の目の色が、違うの (゜゜)

 

ネコに、多いらしい (゜゜)

そういえば、たまに見かけるよね、、

片方が金色で、もう片方がブルー系とか。

→ 日本では「金目銀目」って呼ばれて縁起がイイって言われてるらしい。

確かに、神秘的ってゆーか、綺麗だなーって思う。

 

フムフムって思いながら見てた (゜゜)

どうも、白猫(もしくは白い毛を持つ猫)に、多いらしい。

白猫の25%に、現れるとか・・・

かなりの確率だよね・・・

 

やっぱり、色素細胞が少ない事が原因で、色素が少ないから、目が青く見えるらしい。

と、そこまでは良かったんだけど、

目の青い方の聴覚(耳)が、弱い子が多いって (。´・ω・)?

なんで、耳に影響が出るんだろう (。´・ω・)?

聴覚障害は、オッドアイの白猫の、およそ80%が発症 (。´・ω・)?

 

なんて見てたら、お昼になって旦那さんから、電話がきた。

→ ほぼ毎日、電話をくれる愛妻家 (*ノωノ)

 

で、早速、聞いてみた♪

私 「オッドアイって知ってる?」

そしたら、旦那さん

「妻を、すごく愛してる夫のこと? (´・ω・`)」

 

キャー (≧∇≦)

素晴らしい解釈だよー、よくそんな発想できるな! (*ノωノ)

 

ちなみに、息子にも聞いたら、

「夫を、いつまでも愛してる、50代くらいの夫婦? ( ̄▽ ̄)」

何言ってんの?

聞いた私が、バカだったよ・・・

 

やっぱり、旦那さんも分からなかったみたい。

オッドアイの事を、説明する。

旦那さん 「あー、いるよねー (´・ω・`)」

「そーいえば、マナちゃんは? (´・ω・`)」

 

マナちゃん → 私の実家で飼ってるネコ。

真っ白い猫で、両目が青い。

 

あまりにも綺麗なブルーだったから、「アクアマリン」から取って、「アクア」って名付けたかった (´・ω・)

でも結局、母が「わかりにくーい」って「マナ」って名前を付けたけど。。

 




って・・・ Σ( ̄□ ̄|||)

マナ・・・ お前、耳が聞こえなかったよな Σ( ̄□ ̄|||)

→ 生後3ヶ月くらいの子猫の時に、拾ったけど既に耳が聞こえなかった。

 

私  「マナー! (;゚Д゚)」

旦那さん  「マナちゃーん! (;゚Д゚)」

同時に叫んで、ハモッた・・・

 

いたよ、、

チョー、身近に (・・;)

両目の色が違うのばっかり考えてたから、気付かなかった (・・;)

 

産まれつきなのか、捨てられた時に、ぶつけたりして聞こえないのか、、

ずっと分からなかった、、

真っ白い体で、両目が青くて、両耳が聞こえない・・・

 

まさか、こんなところで、10年間の謎が解けるなんて… ( 一一)

こんな事も、あるんだねぇ。。

すごい発見しちゃったよ。。

 
ランキング参加しています
ポチッとお願いします


日々の出来事ランキング
 



 

 

 

 

 

カメのエサ&おやつ の危機!




我が家の、ラブリー♪「レオン」 ← カメ。

今までにないくらいの、危機 Σ(゚Д゚)

30年以上、食べてるエサ(ごはん)が、廃盤になろうとしてるぅ (ノД`)・゜・。

 

レオンが、食べてるのは、キョーリンの「カメのエサ」の小粒。

そしておやつは、キョーリンの、「乾燥 川エビ」。

ちょっと前までは、どこでも当たり前に売ってた、メジャー品。

 

でも、最近は、カメのエサも、種類が豊富になってきて、沢山ある。

カメの人気も上がってきてるみたい (・ω・)ノ

聞いた話しだと、3匹以上飼う人は、役所?とかに申請が必要とか・・・

飼う人も多いけど、川とかに捨てる人も、いるそうで・・・



けしからん (。-`ω-)

こんな可愛らしい、人なつこい生き物を捨てるなんて (。-`ω-)

途中放棄するくらいなら、最初から飼うなって話しだよ (。-`ω-)

 

同じものばっかりじゃ飽きないかな~って、今までも、ごはんを替えた事があるけど、食べなかった。

やっぱり、赤ちゃんの時から食べ慣れてるのが、1番いいみたい♪

 

ちなみに、ウチでは、絶対に「エサ」って単語は使わない (=゚ω゚)ノ

なんとなーく、エサって言うと見下してる気がして。。

勿論、他の動物にも♪

犬でも、猫でも同じ♪

食べ物に、文句も言わず美味しそうに食べてくれる (*´▽`*)

 

文句を言うなんて、人間くらいなんだよね。。 (;´・ω・)

多少の好みはあるものの、動物さんは偉いよホント (;´・ω・)

 

実家の母なんかは、

「人には、エサで充分なんじゃー ヽ(`Д´)ノ 」とか言ってるし・・・

↑ ↑

毎回、残されたり、文句言われたりして爆発してる・・・

 

ウチの家族は、食べ物に文句言わないから、ホント助かるー (*´▽`*)

私の手抜き料理でも、食べてくれて、感謝もんだよー (*´▽`*)

でも、少ーしくらい残してくれてもイイんだよー (*´▽`*)

次の日に、冷蔵庫が空っぽ過ぎて、私の食べる物が無い・・・

 

で、今日、レオンのごはんを買いに、ホームセンターへ♪

別の大型ホームセンターでは、既に去年から売ってない。

人気が無くなってきたんだろうか (。´・ω・)?

確かに、カメのごはんコーナーに行っても、やたら豪華なパッケージ物が多い。

 

私的には、レオンが美味しく食べてくれる物なら、なんでもイイ♪

だって、冬(冬眠時期)や、寒くなってくると、ごはんを食べない生き物。

実際に、ごはんを食べるのは、1年のうち半分くらい。

 

でも、そんなレオンの、主食がなくなろうとしてる Σ( ̄□ ̄|||)

一応、大粒の物は売ってるけど、レオンは食べれない。

あくまで、赤ちゃん時代から食べてる、子ガメ専用の小粒だけ。

 

なのに、その子粒だけが売ってない Σ( ̄□ ̄|||)

確かに、30才にもなって、子ガメ用の小粒しか食べれないってどうなの? っては思うけど。。。

 

そこが、可愛いんじゃないかぁ♪ (/ω\)

デッカイ粒を、バリバリ、ボリボリ食べるなんて、レオンじゃない (/ω\)

あの、慎ましい姿が好き♪ (/ω\)

 

諦めて、ペットショップの「アミーゴ」に行ってみた。

少なくとも、2か月前には売ってた。

 

でも、今日はなーーい Σ( ̄□ ̄|||)

やっぱり、小粒だけなーーい Σ( ̄□ ̄|||)

 

オロオロしながら、店員さんに聞いてみた (/_;)

すると、店員さん、

「こちらの商品は、作られない事になって。」って。。

私  Σ( ̄□ ̄|||) ← 目の前真っ暗・・・声が出ない。

 

なんでー (ノД`)・゜・。

同じパッケージの大粒とか、徳用サイズはあんのにー (ノД`)・゜・。

よりによって、小粒だけ無くなるのー (ノД`)・゜・。

 

とありあえず、おやつのエビは、あるだけ持って死守する。

そして聞く、「このエビも、無くなるんですか・・・?」

店員さん 「こちらは、まだ大丈夫ですね♪」

 

まだ、って何? (ノД`)・゜・。

曖昧過ぎるよ (ノД`)・゜・。

そのうち、無くなるって事なの? (ノД`)・゜・。

 

でも今、問題なのは、ごはん・・

取り寄せできるか調べてもらった。

メーカーの方には、在庫があったから、取り寄せてもらうことに。

良かった (´Д⊂ヽ

とりあえずは、良かった (´Д⊂ヽ

 

「何袋、お取り寄せしますか?」と、店員さん。

私、すかさず 「とりあえず、10袋、お願いします!」

店員さん、びっくりする (@_@;)

 

そりゃ、そうだよねー (;´・ω・)

子ガメ用のサイズだもんねー (;´・ω・)

こんな客、初めてだろうな (;´・ω・)

 

おやつのエビ、6袋を買い、取り寄せ伝票をもらう時、店員さんに聞かれる。

よっぽど、不思議に思ったんだろうな。。

「なんの種類のカメですか?」

私  「ミドリガメなんですけど、30才以上になります♪ (´▽`*) 」

店員さん 「健康でスゴイですね。。。」

 

店員さんが、どう思ったかは分からないけど、10袋は確保 ( `ー´)ノ

とりあえず、今年はもちそうだ ( `ー´)ノ

来年の対策を、今から考えねば ( `ー´)ノ




 

「カメの甲羅」は大輪の華♪





今日も、手抜きのラクラクお掃除~ (´▽`*)

何分、部屋が少ない上に、全部屋がフローリング♪

床の掃除は、クイックルワイパーで、オッケー♪

 

やっぱり、畳のお部屋の方が落ち着くし、好きだけど、

いざ掃除ってなるとと、フローリングは楽~♪

廊下も階段も、部屋も、一気に終わらせちゃうんだもーん ( ̄▽ ̄)

 

でも、フローリングのみの生活のせいか、畳に飢えてる (;´・ω・)

旅行とか、宿泊施設を選ぶ時は、必ず和室を選んでしまう (;´・ω・)

独身時代とかだったら、ホテルでベッドがイイって言ってたのにな (;´・ω・)

無いもの欲しさ・・・ってヤツ (。´・ω・)?

 

何にせよ、毎日の掃除が楽ってのは、有難い♪

 

まず、2階の部屋から、お掃除スタート (/・ω・)/

2階は、3部屋、それから階段を掃除しながら降りてくる。

1階に降りると、廊下や洗面所とかを、掃除する。

で、1番大きいリビングに入った所で、シートを反対の綺麗な面に替える。

で、20帖の、LDKを、掃除してお終い♪

 

何事も障害がなければ、15分くらいで完了 ( ̄▽ ̄)

他にも、水回りとか、玄関とか、ちょこちょこあるけど、合計でも30分くらい?

かなーり、適当な掃除だけど、やらないよりは、マシかなーっと。

 

でも・・・今日は、すごーい障害があった Σ(・ω・ノ)ノ!

というより、見つけてしまった Σ(・ω・ノ)ノ!

 

レオン(カメ)の甲羅が、スゴイ事になってるー Σ( ̄□ ̄|||)!

カメって、成長すると、甲羅が1枚1枚、剥がれてくる。

脱皮って感じかな?

下に新しい甲羅が出来ると、上の甲羅が取れてくる。

 

やっと、2階の部屋で、日向ぼっこできる様になったレオン。

4月半ば頃から、食欲がすごくて、1日に5,6回のご飯。

とても、水槽から出せる状態じゃなかった・・・

いっぱい食べる分、ウンチとか、排泄物も多いし・・・

 

30才をとうに超えてる、ミドリガメ (*´▽`*)

我が家の宝モノ♪

いっぱい食べて、元気に長生きしてくれるのが、すっごく嬉しい♪

 

で、食欲も落ち着いてきて、やっと日向ぼっこできる事に♪

昼間は、まーったりしてて、夕方から、お部屋をお散歩♪

疲れると、自分用ブランケットに、綺麗に入って寝てる♪

 

散歩っていっても、かなり成長した巨大カメ。。

一度、散歩が始まれば、ドゴンドゴンと、家中に鳴り響く (ーー;)

あんな大きい甲羅を背負って、よく歩けるな (ーー;)

手足とか、捻挫しないのがスゴイ (ーー;)

相当な、筋肉なんだろうな。。とか毎回、思う (ーー;)

 

そんなレオンは泳げない・・・

甲羅の重みで、見事なくらい綺麗に沈んでいく・・・

一応、河に生息してるハズの生き物なんだけどね・・・

 

で、掃除の時に、「レオン、やっほー♪」って、日向ぼっこしてる部屋に入って行く。

そして、ブランケットの中を、覗き込んだ。。

 

すると、「なんじゃ、こりゃー」思わず、大声 (;゚Д゚)

レオンの甲羅が、剥がれに剥がれまくって、大輪の華みたいになってるー (;゚Д゚)

お見事、あっぱれってくらい、ほとんどの甲羅が開いてるー (;゚Д゚)

今までで、史上最高記録・・・

 

冬は、冬眠で水槽の中。

で、先週くらいまで、食欲シーズンで水槽の中。

その間、もりもりご飯を食べたおかげで、更に成長。

そこに、日向ぼっこで、甲羅干し。

当然、一気に甲羅は、剥がれてくる (・.・;)

 

それを、1番の天敵?である私に発見される (ーー;)

2人? の間に稲妻が走った Σ(゚Д゚)

 

私  「レオン、甲羅むかせてー♪」

レオン 「プシュー」 ← 興奮して、鼻息。

私  「いーじゃん♪ ちょっとだけー♪」

レオン  「プッシュー!」 ← 鼻息が荒くなる。

私   「お願い~、痛い訳じゃないんだから~」

レオン   手足の爪も使って、必死に抵抗!

私   「私たちの仲じゃーん♪ いいから、いいから♪」

レオン  「プシュ、プシュー!」更に鼻息、フリフリダンスみたいに動いて抵抗!

 

こんな関係が、20年以上続いてる・・・

自然に剥がれかけた甲羅だから、痛いわけじゃないけど、くすぐったいのか、凄く嫌がる (ーー;)

嫌がってるのは、分かってるんだけど、もう気になって気になって (ーー;)

 

2重に剥がれてる所もあって、最終的には、両手いっぱいぐらい取れた (;´・ω・)

乾燥昆布みたいな、色と硬さ (;´・ω・)

締め切った部屋での戦い。

(間違って部屋を出て、階段から落ちると危ないから、ドアは閉めっぱなし)

 

そして、我に返る・・・

「レオン、ごめんよぉ (ノД`)・゜・。」

「ホントに、チョットのつもりだったんだよぉ (ノД`)・゜・。」

「悪気はないんだよぉ、没頭しちゃったんだよ (ノД`)・゜・。」

 

こんな謝罪のやり取りも、20年以上・・・

成長も、進歩もない・・・

さっき行ったら、めっちゃ鼻息がすごかった ( ノД`)

また、後で謝ろう ( ノД`)



猫 vs 息子。

今日も、息子はメソメソ泣いて帰ってくる。

理由は、猫に嫌われているから (ーー;)

今日は、午後から出かける用事があって、息子は私の実家に、お預け♪

私の実家には、息子より、1つ年上の猫がいる。

 

名前は、「マナ」 女の子♪

真っ白い体に、綺麗なブルーの瞳♪

瞳の色が、「アクアマリン」のカラーだったから、「アクア」って付けたかったけど、いつの間にか「マナ」になってた・・・

 

私の実家は、猫に縁がある。

その前に飼って猫の名前は「まり」

女の子みたいな名前だけど、男の子♪

赤っぽい茶毛の入った、超美青年 (*ノωノ)

とにかく顔立ちが、素晴らしい (*ノωノ)

くりっくりの優しい目に、鼻筋が通った、彫刻みたいな顔立ち (*ノωノ)

親バカじゃないよー、いろんな人が惚れ惚れしてた位だもーん (*ノωノ)

 

そんな、まりは、川に捨てられてた。

私が、友達と学校から帰る途中、不思議な鳴き声が (?_?)

すると、友達が、橋から下をのぞき込んで見ると、小っちゃい生き物が見えた。

最初は、「ネズミ?」って思ったけど、あんまり必死に鳴いてるから、近づいて見た。

その、小っちゃい生き物は、今にも流されそう。

気付いたら、靴も靴下も脱いで、川に入ってた (;´・ω・)

もう、無我夢中!

早く助けないと流されちゃうー Σ(゚Д゚)

必死に助けた生き物は、猫だった。。

まだ、へその緒もついてて、目も開いてない生まれたて。。

そんな状態で、川の草に必死に、しがみ付いてたんだ (´;ω;`)ウゥゥ

それを思うと可哀想で、家に連れて行って暖めた。

ダメかな・・・と諦めながらも猫用の哺乳瓶とミルクで必死に育てた。

母は、完全に母親状態。

 

奇跡的に、生きる事が出来た時は、ホント感動だったな ヾ(*´∀`*)ノ

ただね、、完全に人間の育てられたから、猫じゃなかった ( 一一)

一応、「にゃー」なんだけど、イントネーションが、日本語 ( 一一)

まりーって呼ぶと、振り返って、「にゃ?」← 何?みたいな ( 一一)

 

しかも、すごい恥ずかしがり屋・・・

トイレ中に目が合ったりすると、すっごく恥ずかしそうに逃げてく・・・

いやいや、そんなに照れるようなもんじゃないから (゚д゚)!

トイレが恥ずかしいなんて感情、どこで覚えたの? (゚д゚)!

キミ、一応、猫だし、、男の子だし、、

そんな、年頃の女の子みたいな反応されても、こっちが困るよ (゚д゚)!

とにかく、おっとりしてて可愛らしかった (*ノωノ)

その顔立ちから、女の子と勘違いして「まり」って名付けた。

母は、もう溺愛。

小っちゃい頃は、おんぶ紐でおんぶして育ててた (ーー;)

それはいいんだけどね、おんぶ紐から、しっぽが出てるんだよね (ーー;)

最終的には、糖尿病で天国に旅立ったんだけど、、

その、15年間、母が抱っこをしない日は、1日もなかった。

今も、我が家でも、実家でも写真を置いて、毎日、ごはんとお水をあげてる。

ウチに来て良かったなーって、幸せだったなーって、思っててくれたら嬉しいな♪

 

でも、さすがに辛くて、もう二度と動物は、飼いたくない。

家族全員で、そう決めてた。

ところが、ところが、これも運命なのか、また猫を飼う事に Σ(´∀`;)

 

冬、雪の降る中、近くの神社に、子猫が捨てられてた。

何日間か、鳴いてさまよってた・・・

その声を聞くのが辛くて、耳をふさいでた・・・

ホント辛かった、、ごめんねって気持ちで一杯・・・

 

と、あれー Σ( ̄□ ̄|||) なんか、玄関の中にいるしー

なんでー? Σ( ̄□ ̄|||)

仕事帰りの弟が、ドアを開けて家に入る一瞬のうちに入って来たみたいで。。

すごく、びっちり、家が立ち並んでるのに、何故にウチに?

さすがに、追い出すのは可哀想で、そのまま世話をする事に。

だって、まだ生後2か月くらい?

小さくて、何日も食べてないから、ガリガリに痩せこけてて。。

こんな姿を見ちゃったら、追い出せないよー Σ( ̄□ ̄|||)

 

それが「マナ」

前に飼ってた「まり」と名前が似てて、間違いやすい (ーー;)

しかも、後で分かった事だけど、耳が聞こえない。

そのせいか、鳴き声が変。

性格も、強気。

コーヒーの瓶に、カリカリのご飯を入れてて、決まった時間にあげる。

袋のままだと、噛んで破いてしまうから・・・

 

おとなしかった「まり」とは、真逆の性格。

トイレの時も、「わしの生き様、見ろやー」みたいな勢いで、見せつけてくる・・・

すいません、、別に見なくてもイイです (ーー;)

 

ごはんも、「飯、くれやー」みたいな感じで、瓶を猫パンチ (ーー;)

ごはんが、びっちり入った、ガラスのコーヒー瓶。

結構、重いはず、、それを1回のパンチで、1メートルくらい吹っ飛ばす・・・

その小さい手で、どんだけ力があるんですか? (ーー;)

 

同じ猫でも、ほんと真逆。

個性っていうか、性格っていうか、ホント面白い (´▽`*)

 

そして、そんな彼女に唯一、嫌われる息子 (;´・ω・)

私も、旦那さんも嫌われないのに、なんで? (;´・ω・)

そもそも、息子が産まれる前からいて、ちょくちょく行ってる。

息子が、赤ちゃんと時から、一緒。。

姉弟みたいな関係のハズなのに、嫌われてるって (;´・ω・)

 

「マナ」だけじゃなく、他の猫にも嫌われる息子・・・

観光名所の神社とか、人懐っこい猫が沢山いる所に行っても、息子は逃げられる・・・

私と、旦那さんには、来てくれる (;´・ω・)

さすがに、息子も泣き出す・・・

動物に乱暴する様な子では無いんだけどな (;´・ω・)

息子 「猫から好かれたい」と、切実。。。

ここまで、嫌われると、なんだか可哀想な感じがしてくる。

 

だって、実家いった時、息子だけ「ウー」って威嚇されてる Σ( ̄□ ̄|||)

特別、近づいてってる訳じゃないのに何故? Σ( ̄□ ̄|||)

一体、この2人の間に何があったんだー Σ( ̄□ ̄|||)

 

猫は、気ままな性格。

好きな時に寝て、好きな時に遊んで。

気が向いた時だけ、寄ってくる。

まるで、息子の性格そのもの・・・

これって、もしかして・・・同族嫌悪っていうヤツ? Σ( ̄□ ̄|||)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの【カメ】は、素敵♪

自慢じゃないけど、我が家の【カメ】は、すっごく可愛い (*ノωノ)

既に、30歳を超えながらも、衰えを感じさせないイケイケな、カメさん♪

名前は、レオン。

名づけは私で、 カメレオン - 「カメ」= レオンという、         単純な発想から (=゚ω゚)ノ

子供の頃、弟がお祭りで、買ってきた、ミドリガメ。

もう、30年以上ずっと、一緒。

 

カメって聞くと、水槽に入りっぱなしで、世話が楽ってイメージが強いかもだけど、これが意外と大変!

まず、体がデカい!

体がデカいと当然、水槽もデカくなる。

 

夏場は、毎日の水交換だけど、これが一苦労 (ノД`)・゜・。

お風呂場まで、キャスター付きの台で、ガラガラと水槽を運んでの水交換。

結婚前までは、実家で、私と母との2人がかりで運んでの作業だったけど、今は旦那さんにお願いしてる。

水槽に、シャワーで水を入れてると、そのシャワーの泡に、凄い勢いで、    突っ込んでくるクセがある。

苦しくないんかーい! なんか、流されてるよー Σ(゚Д゚)

 

他にも、ご飯をあげて、食べ残しをすくって取ったり、排泄物があれば、     すぐさま取る。

この作業を、一日に何回も続けなきゃいけない。

じゃないと、水はドロドロ、匂いも凄い。

大変っていえば、大変だけど、目が合った時、すっごい嬉しそうに、      こっちに向かって来てくれるのが、もう可愛くて可愛くて (#^^#)

 

子供が産まれる前までは、リビングを自由に歩かせていた。

妊娠中に、お腹痛くて横になってると、枕に登ってきて、ほのぼの~(*^^*)

旦那さんが、仕事から帰ってきて座ってると、トコトコ歩いてきて、       一生懸命、膝によじ登る♪

ホント、癒されるぅぅぅ~(*^^*)

 

さすがに、子供が産まれてからは、リビングは危ないから、2階の空いた部屋で、日向ぼっこしてもらう様になった。

朝から、バタバタと「2階に連れて行ってー」のアピール。

夜は、迎えに行って、水槽にご帰宅。

早朝出勤に、遅いご帰宅、、、夏場は、それが彼の毎日の生活。         (まるで、サラリーマン)

そんな彼は今、水槽の中で、おやつのエビを、頭にのっけてる (^o^)丿

ご飯は、丸い粒状なんだけど、鼻で息する度、見事に、             鼻の両穴に、スポンとはまる (^O^)/

この器用さは、芸人並み (=゚ω゚)ノ

 

カメとは、本当に不思議な生き物だ。

どんな時も、イライラせず悠然としていて、穏やか。

気分がいいと、甲羅干し (両手、両足をピーンて伸ばしてる状態)

普通に、あくびもするし、気分がいいと「クワッ」って鳴く。

 

しかも、ウチの子は、イケメン (*´▽`*)

私が行っている美容室も、動物大好き一家で、カメも3匹いる。

みんな、それぞれ可愛いけど、一匹一匹、それぞれ違っていて、フムフム…と観察。

 

口に出しては言えないけど、頭の中では、、、

「レオンの方が、鼻高い♪」

「レオンの方が、顔立ちが細くて、シュってしてる♪」

「レオンの方が、優しい目してる♪」

まぁ、飼い主の親バカっていうやつですよ (´▽`)

 

他の人に言ったら、「バカじゃない?」「頭、大丈夫?」とか言われそう。

でも、ペットを可愛がってる人なんて、みんな同じ様に考えてるハズだ♪

そんな風に、開き直って、今日もデレデレ、レオンを眺める、我が家の家族 (=゚ω゚)ノ