【書体】から見る人間性。

今日も、ジメジメ曇り空。。。

室内に、洗濯ものを干す。

私の、洗濯サイクルは、朝1回、夜1回 (=゚ω゚)ノ

理由は簡単、干す場所が少ないから。

夏場だと、ウッドデッキに干せば、半日くらいで乾くけど、冬場や雨の日は部屋に干すしかない。

あー、昨日の夜に干したの、まだ乾いてないなー (;一_一)

 

床を見ると、なんか茶色っぽい物が落ちてる。

なんだろう (。´・ω・)?

拾ってみると、プリントらしきもの。。

四つ折りのまま、息子のズボンのポケットに入ってたみたい。

いつもは前ポケットの、ハンカチとティッシュしか確認しない。

まさか、後ろポケットに物が入ってたなんて・・・完全に盲点 (;´・ω・)

その、プリントらしきものを、よーく見てみると、なんか書いてある。

半乾き状態で、よく見えないけど・・・

「フレーフレー 赤組」 みたいなのが見えた。

 

やばー Σ( ̄ロ ̄lll)  これって、地区運動会の応援歌?

とにかく、乾かさなくちゃ (;゚Д゚)

プリントを破かない様に、おそるおそる開いていく・・

半分まで無事に開けた、良かったー文字はちゃんと見えるー (´ω`*)

更に、ゆっくりと開いていく・・・ピリリ。。

あー Σ( ̄□ ̄|||) やっちまったぁー破けたーーー

カチーンって固まる私 (*_ _)

 

でもー、ポケットに入れっぱなしのヤツ(息子)が悪いー、これは事故だもーん (´▽`*)

字が読める状態で、残ってただけでも、まだマシだよねー (´▽`*)

ネットに入れて洗濯してたから、この程度で済んだんだよねー、感謝して欲しいくらいだよー (´▽`*)

 

がんばって開き直る私。。自分で自分を慰める。。。

でも、完全に乾くまでは、触らず置いておこーっと。

1時間くらい経過・・・シワシワだけど乾いた、破いた場所はセロハンテープで補修。

 

改めて良く見ると、息子の字じゃない。

すごく整った綺麗な字。

漢字には、「ふり仮名」まで書いてある。

多分、6年生の子が下級生にも読みやすい様に、丁寧に書いてくれたんだろうなー (´ω`*)

 

高校の時は、書道部だった私。

子供の頃から、字を書くのが好きで、自由帳とかに、50音とか書いてた。

 

ついつい、書体を分析してしまう (・_・)

うーん、結構な上級者だなー、全体的にすごくバランスとれてる (・_・)

字の大きさ、改行の仕方・・・計算されてるなー (・_・)

縦も、横もまっすぐ♪ すごい読みやすい、やるなぁ (・_・)

 

謎の研究家みたいになってる、、、

字の雰囲気からして、しっかりしてて、落ち着いた性格かな? (・_・)

 

子供なんかの場合、よく絵の色使いで、心の状態が分かるっていうけど、字も同じ。

大体、字体をみると性格が分かる。

息子みたいに、ピンクとか、パステルカラーばっかりもどうなの? (ーー;)って思うけど。

頭の中、どうなってんだろーって思うけど (ーー;)

字も、やたらデカいし・・・

伸び伸び育ってくれてるのは嬉しいけど、せめて枠内に入る様に書いて (ノД`)・゜・。

 

歴史上の人物だと、割と豪快な書体は、豊臣秀吉。

几帳面な字体は、徳川家康。

書く相手(家族、友人、目上の人)に合わせて、字体を変える、坂本竜馬。

他にも、いろいろあったけど忘れた、、まあいっか (=゚ω゚)ノ

 

字を見るのは、ホントに面白い。

私の書体は、筆圧は弱くて薄目だけど、字は大きめ。

意志は弱いけど、まあまあ伸び伸びと生きてるのかな、と (*´▽`*)

 

知り合いの字も見ると、

しっかり者の人は、筆圧もつよく、カッチリした感じ。

柔軟性のある人は、丸みがある。

 

書道部時代、私は、「楷書」派 ← 誰でも読める現代風の書体が得意だった。

それに対し、豪快な姉さんタイプの友人は、

「草書体」← よく書道家が書くような豪快な1本書き みたいなのが得意分野。

 

練習はしてみたけど、私には「草書」は書けなかったなぁ (;´・ω・)

あれが書けたら、達筆でカッコいいんだけどなぁ (;´・ω・)

まぁ、向き不向きがあるからねー (*´ω`)

 

久しぶりに、字をゆっくり見たなぁ♪

また、筆ペンとかで、なんか落書きしたい気分♪

 

そんな私の背後には、シワシワで敗れたプリントが置かれたまま・・・

プチ現実逃避・・・

情報